【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病とは?
糖尿病は、数多くの人を悩ませています。しかし、糖尿病ほど多くの人々から誤解を受けている病気も他にないくらいです。
尿に糖が出たからといって糖尿病だと勘違いしたり、糖尿病体質だから糖尿病になると勘違いしている人も多いのです。
体の中でインシュリンは出ているけれど、食べすぎや運動不足、肥満といった環境、生活習慣によって、インシュリンの働きが弱められその結果出てくる糖尿病のタイプが 糖尿病全体の80%を占めます。
このサイトでは、私を含めできるだけたくさんの方が、糖尿病についての正しい知識を身につけていただけるようにいろいろ調べて作っております。

糖尿病とは車でいうとブレーキが効きにくい状態から始まります。
多くは車と一緒でブレーキオイル(インシュリン)が足らない状態です。
ひどくなると、ブレーキオイルインシュリン)が漏れている状態になり、ブレーキが効かなくなります。
スピードを出しすぎたり(高血圧を併発)、タイヤが磨り減ったり(高脂血症)すると、事故がおきやすく、事故をすると大事に至ります。
糖尿病だけでも命が危なくなる危険性がありますから、早めに治療を開始しましょう。

国際電話は「ラクダコール」

シルク専門店【シルクル】

Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

運命転換の護符・霊符を作成

精密審美歯科

私たちの周りには医学や健康についての情報があふれ、現代人であればだれでも生活習慣病についての知識はそれなりにもたれています。 しかし、一般人では知識はあるけどそれを元に生活習慣病と立ち向かうことができるでしょうか。
生活習慣病に対しては知識より生活習慣を変えることが大切ですと「名医」と呼ばれるお医者様だけでなく、多くの医療関係の人たちが説かれています。
過食、喫煙、大量の飲酒、運動不足などの毎日の生活が原因だから、成人に特有の疾患とされていたものが若年層にも現れ、生活習慣病という呼び名に変わりました。
知識だけは持っているんだけど、その生活習慣を変えられないという悩みをもつ人が多いのも事実です。
自分の現在の状態に合わせ、継続できるようがんばりましょう。
このサイトでは糖尿病についていろいろ調べています。これがすべてではありませんが、私自身を含め、みなさんの正しい理解になればと思います。

糖尿病の予防法
1.食べ過ぎないこと
2.歩くこと
3.太らないこと

糖尿病の早期発見
1.糖尿病に自覚症状がないことを知る。
2.親が糖尿病だからといって子供にすぐ症状が出るわけではない。
3.医師と体重計を上手に使う

「食べ過ぎないこと」
食べたいから食べる、おいしいから食べるという食べ方が糖尿病の原因の一つである「食べすぎ」を起こします。
糖尿病になった人で、食いしん坊という共通点があります。満腹感を求めて「もう、止めておこう」という意志を働かせない人が多いようです。
食べ方のコツは、昔から言われる「腹八分目」。本能で食べるのではなく、「もういい」という頭で食べることを覚え、空腹感が楽しめるようになりましょう。

歩くこと
だらだらと歩くのではなく、一定のスピードでさっさと歩くこと。これは自分なりでよいと思います。毎日20分から30分続けることです。
運動が良いのは少ないインシュリンでもその効果を強く発揮するからです。 一定の強さの運動を、一定の時間続けることがインシュリンの分泌量に効果があることがわかっているから、医者は運動を薦めるのです。

太らないこと
肥満と糖尿病は親戚のようなもので、肥満した人はいつ糖尿病になってもおかしくありません。
まずは食事のとり方から変えましょう。肥満の人の共通点の一つに「おとなになっても、子供の時の食べ方をしている」ということが上げられます。
食べ過ぎないことの項目であげたように頭で食べること。
運動量は当然普通の人とはことなり、毎日40分を目安に歩いてください。

糖尿病は何の警告もしてくれない無害の症状です。これをまずは理解しておきましょう。
食べすぎ、運動不足、肥満が注目されますが、糖尿病はいろんなことで起こるし、いろんな菊花得kであっ件されるということを知っておきましょう。

糖尿病は遺伝病の一つと考えられています。親から糖尿病体質を遺伝される率においては、子供の性別による差はありませんが、男親よりも女親が糖尿病であった場合のほうが 子供への遺伝率は高いようです。
しかし、親が重篤な糖尿病という場合でも、子供にすぐ糖尿病が発見されるとは限りません。定期的な検査と、早期の発見、治療で十分対応できます。

自覚症状のない糖尿病を早期発見し、対応するには「どこか痛くなって医者にいく」から車の定期点検のように「定期健診を受ける」ことです。
そして、要注意がでたら、自分の糖尿病体質を自覚し、対応しましょう。
また、体重のチェックをこまめにしましょう。糖尿病の初期、軽い糖尿病は、大体太るとともに血糖が上がるものです。体重の増加は糖尿病への危険信号と思いましょう。

糖尿病が改善しなければ全額返金!数々の糖尿病患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)~糖尿病改善への挑戦~

糖尿病:カテゴリー

糖尿病とは

糖尿病を一言で説明することは難しいです。「糖尿」でもなければ「病」でもなく、その人自身の体質とでもいえるかもしれません。のどの弱い体質、胃の弱いタイプと同じようにインシュリンの働きの弱いタイプの人と考えます。インシュリンの出が弱いので血液中の糖の量が増え、尿に出、そのために生じる不都合な症状を糖尿病と呼んでいると言っても良いのではないでしょうか。

日本人の糖尿病

日本人の食生活と欧米人の食生活はかなりことなっており、その食事の影響で独特の症状も生じます。

糖尿病の怖さ

糖尿病の原因となる生活習慣、過食、運動不足、肥満はそれだけでとどまらず、多くの合併症を引き起こすことは知られています。 また、糖尿病自体も自覚症状がないために、合併症を引き起こし、重篤な病となることがありまし。

糖尿病の診断

糖尿病の診断は、定期検診などで行う血液検査のうち、血糖値の測定で行います。

糖尿病の予防法

糖尿病の大きな原因である生活習慣の改善がもっとも効果的です。運動不足、過食、肥満の解消を心がけます。

糖尿病の治療

糖尿病の治療は、生活改善、食事療法が主ですが、血糖値を下げるための薬物投与もあります。適切な医師の指示に従ってください。

糖尿病の食事療法

糖尿病の治療の基礎となるのが食事療法です。最近は栄養士、医師などが監修した一般向けの食事もあります。バランスの良い食事を心がけます。

糖尿病の運動療法

インシュリンの分泌には適度な運動が効果あることは明らかになっています。それ以外にも、肥満の解消もできますから適度な運動を心がけます。

最新情報

用語集

糖尿病が改善しなければ全額返金!数々の糖尿病患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)~糖尿病改善への挑戦~

糖尿病:ピックアップ!

糖尿病の怖さ

血液中のブドウ糖の量を調節できなくなると、低血糖症や高血糖が起こりやすくなります。

糖尿病合併症

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年で糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの合併症が出てきます。

糖尿病性神経障害

糖尿病の三大合併症の一つです。比較的早期から起こり、自律神経、感覚神経へと移行します

糖尿病網膜症

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)は、糖尿病による網膜症です。

目  次
最近の記事
関連サイト
メッセージ
人間は死ぬもの。
人の死ぬ確率は出産から乳児期に高く、その後は偶発の原因と加齢に関連した原因で死ぬこととなります。
偶発の原因とは感染症や事故をいい、加齢による原因とは動脈硬化からの脳卒中と心臓病、多種のがんをいいます。
高齢になっての脳卒中、心臓病、がんで死ぬのは自然の摂理であり、最善の死に方かもしれません。
そのため、実年期(35歳~65歳)の方たちは適切な生活習慣を営まなければなりません。栄養・食生活、運動・労働、休養のバランスを見直し、禁煙し、過ぎた飲酒は避けるように。
成人病が生活習慣病と名を変えたように、生活習慣を改善することにより、実年期の心臓病、脳卒中、がんへの羅患を避けるようにしましょう。
定期的に健康診断、がん検診をうけ、適切な生活習慣を営む。そして、生活習慣の中でもっとも重要な栄養・食生活についてもう少し知識を広げましょう。
お気に入りに追加!
サイト内検索
サイト情報
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

※※※※
このサイトの内容はちゃんと調査して書いたものですがあくまで個人の見解です。詳しい情報は専門医にお問合せください。

script type="text/javascript">