トップ > 糖尿病の食事療法 > 糖尿病の食事療法のリズムを作るポイント


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の食事療法のリズムを作るポイント

食事と食事の間隔は6時間が理想といわれていますがぴったり何時に食べるのは現実的には難しいものです。


2時間程度の幅を持たせて、その時間帯のどこかで、必ず食事をするようにするのがポイントです。


朝食をとるのが遅い人は、無理に12時に食事を取る必要はなく、少しずつずらして、3食とるようにしましょう。


夕食が遅くなる場合は、夕方にサンドイッチやおにぎりなどを軽く食べておき、帰宅したときは油っこいものは控え野菜などの消化の良いものを軽く食べるようにしましょう。


夕食のどか食い、朝食抜きはもってのほかです。


夜間に仕事をする場合は、起床や就寝、仕事の時間に合わせて、食事の時間帯を決めましょう。


1回の食事の量を少なくして、1日に4食とるようにしてもよいでしょう。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の食事療法」です。
糖尿病の治療の基礎となるのが食事療法です。最近は栄養士、医師などが監修した一般向けの食事もあります。バランスの良い食事を心がけます。
関連記事

糖尿病の食事の改善

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法です。 薬物療法を行っている場合でも食事療法...

糖尿病の食事のバランス

主食、主菜、副菜のそろった食事で、栄養のバランスを取ることが大切です。主食のご飯をしっかり食べ、主菜は1品がポイントです。

糖尿病の食事の工夫

ちょっとした工夫と注意でよりよい食生活をつくろう

糖尿病の食事療法のリズム

食事を毎日決まった時間に食べると、インスリン分泌のリズムが整えられます。 血糖値が効率よく下がりやすくなり、食べ過ぎない習慣も自然と身につきます。

糖尿病の食事療法のリズムを作るポイント

食事と食事の間隔は6時間が理想といわれていますがぴったり何時に食べるのは現実的に...

script type="text/javascript">