トップ > 糖尿病の食事療法 > 糖尿病の食事のバランス


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の食事のバランス

食事は、「適正なエネルギー量を守り、バランスよく栄養をとる」ことが基本です。


栄養バランスについて、糖尿病の食事療法では「糖質、タンパク質、脂質」の割合が「摂取エネルギーの割合が 糖質:脂質:タンパク質=6:3:1」などと決められていますが、なれないとなかなか難しいものです。


最初は、食事に「主食、主菜、副菜」をそろえて栄養バランスを取りましょう。


主食はごはんやパンなど、主に「糖質(炭水化物)」を補給します。


主菜は、肉や魚、大豆製品、卵など主となるおかずで、主に「タンパク質」を補給します。


副菜は、野菜やきのこ、階層などのおかずで、「ビタミン、ミネラル、食物繊維」などを補給します。


ビタミンやミネラルは、主食の炭水化物や主菜のたんぱく質が吸収されたり、エネルギーに変わるときに必要な栄養素です。


また、食物繊維は、食後の血糖値を上がりにくくする働きがあります。


そのため、副菜も必ず食事に取り入れてください。


味噌汁などの汁物を添える場合は、塩分の取りすぎに注意しましょう。


1食分の目安として、ご飯:1、2杯、主菜:肉あるいは魚(手のひらの指の真中くらいまでの大きさ)、副菜:生野菜(両手を合わせこんもりと盛り付けたくらいの量)または加熱野菜(片手をグーにしたくらいの量)を参考にして下さい。


3食をバランスよく取ることも大切です。


朝食や昼食を軽くすませ、その分夕食を多く取るような食べる量が夕食に偏っている人もいるようです。


しかし、一般に朝と昼にしっかりと食べるようにすると、血糖値が安定してくる傾向が見られます。


血糖値の安定のためには、3食の比率は1:1:1が理想的です。


最近は「刺身と天ぷら」「冷ややっこと煮魚」など、食卓に主菜が2品~3品並ぶことが少なくありません。


おかずを多く食べる分、主食のご飯を食べることも多く見受けられます。


しかし、主食が少なく、主菜の多い食事は脂質の摂取量が増え、エネルギーの取りすぎに繋がります。


ご飯は、かむのに時間がかかるので、満足感を得やすいというメリットもありますので、ごはん1~2杯の主食をとり、主菜は1品にしましょう。


お昼など、1品物を食べるケースも多いものです。


うどん、チャーハンなどの1品物を食べるときも、その中に、主食、主菜、副菜の要素となるものが含まれているようにすることが大切です。


野菜が足らない場合は、青菜のおひたしや野菜スープなどを1品加えると良いでしょう。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の食事療法」です。
糖尿病の治療の基礎となるのが食事療法です。最近は栄養士、医師などが監修した一般向けの食事もあります。バランスの良い食事を心がけます。
関連記事

糖尿病の食事の改善

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法です。 薬物療法を行っている場合でも食事療法...

糖尿病の食事のバランス

主食、主菜、副菜のそろった食事で、栄養のバランスを取ることが大切です。主食のご飯をしっかり食べ、主菜は1品がポイントです。

糖尿病の食事の工夫

ちょっとした工夫と注意でよりよい食生活をつくろう

糖尿病の食事療法のリズム

食事を毎日決まった時間に食べると、インスリン分泌のリズムが整えられます。 血糖値が効率よく下がりやすくなり、食べ過ぎない習慣も自然と身につきます。

糖尿病の食事療法のリズムを作るポイント

食事と食事の間隔は6時間が理想といわれていますがぴったり何時に食べるのは現実的に...

script type="text/javascript">