トップ > 糖尿病の食事療法 > 糖尿病の食事の改善


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の食事の改善

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法です。




薬物療法を行っている場合でも食事療法は不可欠です。


この食事療法は続けることが最も難しく、約7割の人が脱線を経験しています。


食事療法を続けるこつは、脱線しても元に戻すのではなく、軌道修正をしながらでも続けることです。


6ヶ月続けることが出来れば習慣としてみに付けることができるといわれています。


2型糖尿病の原因の一つが「食べすぎ」です。


食べ過ぎにより血糖値が高くなり、それを下げるためにインスリンが必要となります。


食べすぎが続き、膵臓が疲れてインスリンの分泌ができなくなったり、肥満によってインスリンのききが悪くなり血糖値が高くなります。


また、1型糖尿病の場合はインスリンがほとんど分泌されないために、血糖値が高くなります。


ですから、どちらの場合も治療として食事療法が必要とされます。


まずは、自分の適正エネルギー量を知り、食べ過ぎないようにすること、そして身体に必要な栄養素をバランスよく取ることが大切です。


→1日の適正エネルギー

→栄養バランス


食事療法は完璧に行おうとしても息切れを起こしますので、出来ることから少しずつ食習慣の改善を図りましょう。


食べすぎを防ぐ方法として次のようなことが上げられます。


1人前を取り分けておく

大皿から食べるのではなく、最初から1人前ずつ取り分けておくと食べすぎ予防になります。


時間をかけて味わって食べる

新聞やテレビを見ながら食べると、食べ物の味がわかりません。

ゆっくりと味わって食べるようにすると満足感が得られ食事の量を抑えられる。


食べたらすぐその場を去る

家族の食事にずっと付き合うと、つい食べ過ぎてしまうことにもなります。

自分が食べ終わったらその場を離れる勇気も必要です。


和食中心の食生活に変える

魚や野菜の多い和食だと、栄養バランスの取れた食事になりやすくなります。

塩分の取りすぎには注意してください。


また、食事療法をはじめると、最初のうちは体重が減ったり、血糖値が改善するなど、効果を実感できて楽しいものです。


しかし、逆に「空腹感が強い」「活力がでない」「もっと美味しいものが食べたい」という気持ちが起こるのも事実です。


この時期、脱線して元の食生活に逆戻りをしてしまうことがあります。


完璧に行おうとする人に多いのが、1度の脱線がきっかけで逆戻りしてしまうケースです。

2週間に1度好きな物を食べるなど、たまには自分にご褒美の日を作って息抜きをすることも効果があります。


また、脱線が何度も続いて「まぁいいかぁ」とずるずる逆戻りをするケースもあります。
「余分な食べ物は買わない」「宴会などは断わる」など決め事をしておき、食べること以外の楽しみを見つけることも効果があります。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の食事療法」です。
糖尿病の治療の基礎となるのが食事療法です。最近は栄養士、医師などが監修した一般向けの食事もあります。バランスの良い食事を心がけます。
関連記事

糖尿病の食事の改善

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法です。 薬物療法を行っている場合でも食事療法...

糖尿病の食事のバランス

主食、主菜、副菜のそろった食事で、栄養のバランスを取ることが大切です。主食のご飯をしっかり食べ、主菜は1品がポイントです。

糖尿病の食事の工夫

ちょっとした工夫と注意でよりよい食生活をつくろう

糖尿病の食事療法のリズム

食事を毎日決まった時間に食べると、インスリン分泌のリズムが整えられます。 血糖値が効率よく下がりやすくなり、食べ過ぎない習慣も自然と身につきます。

糖尿病の食事療法のリズムを作るポイント

食事と食事の間隔は6時間が理想といわれていますがぴったり何時に食べるのは現実的に...

script type="text/javascript">