トップ > 糖尿病の治療 > 糖尿病の薬物療法


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の薬物療法

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射です。


薬物療法が必要になるのは、まず、1型糖尿病の人。


1型だと、体内でインスリンを作れないから、必ずインスリン注射が必要になります。


それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合薬物療法を行ないます。


2型糖尿病では、まず食事療法、運動療法を始め、それでも血糖値をコントロールできない場合に薬物療法を行います。


糖尿病の薬は「のみ薬(経口血糖降下薬)」と「インスリン注射薬」の2つのタイプがあります。


多くの場合、まず飲み薬を用い、それでも血糖コントロールが不十分なときに、インスリン療法が行われます。


インスリン療法は、毎日、食前などに患者が自分で注射をしてインスリンを補います。


インスリン注射を使い続けると膵臓からの自然な分泌が止まってしまうのではという疑問を持つ人がいますが、実際には膵臓の機能回復を助け、自然なインスリン分泌を促す治療法です。


治療を効果的に行っていくためには患者の「治療の決定に十分参加している」「家族の協力がある」「医師とよい関係である」ということが必要です。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の治療」です。
糖尿病の治療は、生活改善、食事療法が主ですが、血糖値を下げるための薬物投与もあります。適切な医師の指示に従ってください。
関連記事

糖尿病とストレス

生活の中でストレスは避けれないものですが、糖尿病との関係でも深いものがあります。...

糖尿病の薬物療法

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど...

script type="text/javascript">