トップ > 糖尿病の治療 > 糖尿病とストレス


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病とストレス

生活の中でストレスは避けれないものですが、糖尿病との関係でも深いものがあります。

ストレスによって糖尿病の治療が妨げられる場合と、糖尿病そのものや治療自体が新規のストレスとなることもあります。


ストレスがかかると交感神経が刺激され、血糖値が上がりますが、これは一時的なもので、問題となるのはストレスの長期的な影響です。


ストレスが長く続くと、その分糖尿病の治療に対する意欲を失いがちになり、血糖コントロールを妨げることになります。


糖尿病の人の多くに共通してかかるストレスは、次の3つが考えられます。


周囲との関係によるストレス

家族や医者に監視されているように感じるストレス

特に血糖コントロールがうまくいっていない場合、家族や医者から「もっと食事に気をつけなさい」とか、「もっと運動をしなさい」などと言われることが患者に大きなストレスになります。

周囲の気持ちとは裏腹に本人は非難されているように感じ、治療への意欲を失いがちになります。

糖尿病であるというストレス

自分が糖尿病であることを受け入れられず、怒りを感じたり憂鬱になります。

糖尿病であること自体が心の重荷になりますし、重篤な合併症などに対する不安もストレスとなります。


治療によって起こるストレス

糖尿病治療の基本は食事療法、運動療法など日常生活での自己管理を中心に血糖コントロールをすることです。

毎日コツコツ続けなければならない食事療法や運動療法など「しなくてはいけないこと」がストレスになります。

「家族は美味しいものを食べているのに自分は我慢しなければならない」「インスリンを決められた定刻に打たなくてはならない」などです。


これらのストレスと上手に付き合いながら血糖値をコントロールしていくポイントは、その他の生活習慣を改善するポイントと重なりますが次のような点が上げられます。


現実的な目標を立てる。

脱線しても投げ出さない。

家族や友人に協力をもとめる。


現実的な目標を立てる。

医者が提示したり、インターネット、医学書などで見られる血糖値は最終的なゴールラインとなります。

最初からその血糖値を目標にすると、治療によるストレスが大きくなることになりますから、医者と相談したりしながら出来る範囲の現実的な目標を立てることです。

少しずつ達成感を積み重ねることが喜びとなり、励みとなって治療を続けやすくなります。


脱線しても投げ出さない。

治療を続けていく中で、時にはイライラしたり、失敗したりして挫折を繰り返します。

このとき、自分には出来ないなどと落ち込んで治療を投げ出してはいけません。
これまで頑張ってきたことを思い出し、冷静な気持ちを取り戻すことが大事です。

継続は力です。


家族や友人に協力を求める。

自分の殻に閉じこもってしまわず、自分の状況や気持ちを家族や友人、医師などに素直に相談することで解決する場合もあります。

周囲の人も「~しなさい」というような押し付けた言い方ではなく、応援する気持ちを示すようにしましょう。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の治療」です。
糖尿病の治療は、生活改善、食事療法が主ですが、血糖値を下げるための薬物投与もあります。適切な医師の指示に従ってください。
関連記事

糖尿病とストレス

生活の中でストレスは避けれないものですが、糖尿病との関係でも深いものがあります。...

糖尿病の薬物療法

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど...

script type="text/javascript">