トップ > 糖尿病の診断 > 糖尿病の合併症の検査


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の合併症の検査

合併症も糖尿病そのものと同様に、早期発見早期治療が大切です。


糖尿病性腎症の早期発見のためには尿蛋白検査が重要ですが、 尿の中のアルブミン(血液中に存在する重要な蛋白の一種)を 精密に測定することでより早期に発見が出来ます。

腎症がさらに進んでしまうと、血液検査で 尿素窒素やクレアチニンというデータが上昇し始めますが、そこまで行ってしまっては腎不全を疑うようになります。


糖尿病性網膜症の早期発見のためには、眼底検査を定期的に受ける必要があります。


神経障害のための検査としては振動覚を定量的に測定する振動覚計や、心臓の脈拍の変化から自律神経機能を評価する方法などがありますが、 検査結果が治療に結びつきにくいなどの難点があり、一般病院ではあまり行われていません。


糖尿病性足壊疽などは、足に傷や感染がないかを毎日自分の目で確かめることで、 早期発見できます。


動脈硬化からくる虚血性心疾患の早期発見のためには、定期的に心電図をとります。


ただし、たとえ心電図が正常でも胸の痛みや運動時の息切れなど、 不安な症状があればさらに詳しい検査をした方が良い場合もありますので、 医師に相談する事が大切です。


同じく動脈硬化からくる脳血管障害は、CTやMRIなどの画像診断による検査が中心となります。


その他にも頸動脈をエコーで検査して 動脈硬化の程度を正確に評価する方法なども普及してきています。


大血管障害のための検査は、まずこれらの体に負担をかけない検査を適宜行い、 その結果によってさらに詳しい検査を考慮する事になります。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の診断」です。
糖尿病の診断は、定期検診などで行う血液検査のうち、血糖値の測定で行います。
関連記事

糖尿病の検査

まずは空腹時の血糖値の測定です。 正常型 70~110mg/dl 境界型 ...

糖尿病の合併症の検査

合併症も糖尿病そのものと同様に、早期発見早期治療が大切です。 糖尿病性腎症の早...

script type="text/javascript">