トップ > 糖尿病の怖さ > 糖尿病合併症


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病合併症

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年で、腎臓の働きが低下する「腎症」、目の病気「網膜症」、手足のしびれや立ちくらみをともなう「神経障害」などが出てきます。


糖尿病神経障害は、合併症の中で最も早く現れます。


その障害の中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかない程度で出始めます。


自律神経障害としては胃腸障害(便秘/下痢)、筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツ等が現れます。


感覚神経障害としては末梢のしびれ、神経痛等があり、多発単神経障害としては、一時的な黒内障もみられる。


糖尿病網膜症は、目の底にある網膜という部分の血管障害がおこり、目に障害がおこります。


中には網膜はく離を起こし、失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。


糖尿病腎症は、おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が障害を起こし、腎臓の機能が悪化します。


腎不全に至ると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければなりません。


糖尿病性腎症による腎不全は透析導入理由として最も多く、さらに増加しています。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の怖さ」です。
糖尿病の原因となる生活習慣、過食、運動不足、肥満はそれだけでとどまらず、多くの合併症を引き起こすことは知られています。 また、糖尿病自体も自覚症状がないために、合併症を引き起こし、重篤な病となることがありまし。
関連記事

糖尿病の怖さ

血液中のブドウ糖の量を調節できなくなると、低血糖症や高血糖が起こりやすくなります。

糖尿病合併症

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年で糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの合併症が出てきます。

糖尿病性神経障害

糖尿病の三大合併症の一つです。比較的早期から起こり、自律神経、感覚神経へと移行します

糖尿病網膜症

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)は、糖尿病による網膜症です。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症の一つ。 糖尿病によって腎臓の糸球体が障害され、ア...

script type="text/javascript">