トップ > 糖尿病の怖さ > 糖尿病の怖さ


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

糖尿病の怖さ

血液中のブドウ糖の量を調節できなくなると、低血糖症や高血糖が起こりやすくなります。


低血糖症の引き金となるのは、インスリン過剰、運動によるエネルギー消費、糖質の摂取不足、食事時間の遅れなどがあり、大人の場合は飲酒も原因となります。


低血糖症の場合の症状は、空腹感があり、発汗、動悸、過呼吸、震え、悪心といった症状が突然あらわれ、悪化すると異常行動や失見当識、意識障害、ひどいときには昏睡状態に陥ることもあります。


高血糖状態が続いたとき、警戒しなくてはならないのが「糖尿病性ケトアシドーシス昏睡」です。


インスリン治療の中断やストレスなどが原因となりますが、なかでも多いのは、感染症などにより、過度にインスリンを減量したことで引き起こされるケースです。


血液はふつう中性~弱アルカリ性のPH7.4ですが、ケトアシドーシスでは酸性となってしまいます。


ケトアシドーシスが進行すると、嘔吐や脱水症状が始まります。


そのうち呼吸の乱れ、悪心、腹痛も起こり、やがて昏睡状態となり、生命が危険に脅かされます。


どちらも怖い状況を引き起こします。

国際電話は「ラクダコール」 シルク専門店【シルクル】 Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」 運命転換の護符・霊符を作成 精密審美歯科
この記事のカテゴリーは「糖尿病の怖さ」です。
糖尿病の原因となる生活習慣、過食、運動不足、肥満はそれだけでとどまらず、多くの合併症を引き起こすことは知られています。 また、糖尿病自体も自覚症状がないために、合併症を引き起こし、重篤な病となることがありまし。
関連記事

糖尿病の怖さ

血液中のブドウ糖の量を調節できなくなると、低血糖症や高血糖が起こりやすくなります。

糖尿病合併症

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年で糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの合併症が出てきます。

糖尿病性神経障害

糖尿病の三大合併症の一つです。比較的早期から起こり、自律神経、感覚神経へと移行します

糖尿病網膜症

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)は、糖尿病による網膜症です。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症の一つ。 糖尿病によって腎臓の糸球体が障害され、ア...

script type="text/javascript">